持ち帰りの有無は把握したい

飲食関連のアルバイトを選ぶ人が期待するのが、食費を浮かせることのチャンスです。飲食店であれば、まかないや従業員割引によって食費を浮かす事ができます。またスーパーの仕事では、賞味期限が切れた廃棄品が手に入れられるかどうかについて、関心が高いです。しかし、このような賞味期限切れの品の取り扱いは、それぞれの職場によって大きく異なります。廃棄する予定のものを、従業員が持ち帰る事ができるかどうかは、各店舗の経営方針に左右されます。食品を廃棄するよりは、従業員で持ち帰った方が有意義という考え方も確かにあります。一方で、商品管理上の問題から、一切持ち帰りが許されないというケースも多いです。顧客に賞味期限切れの商品を販売するには問題があるとはいえ、品質面では直ちに問題があるというわけではありません。しかし、持ち帰った商品が何らかのトラブルの元になる事も考慮に入れるならば、経営者としては廃棄してしまった方が無難であると考える事が多いのです。スーパーのアルバイトで、従業員の持ち帰りが可能な職場であるかどうかは、それとなくリサーチする必要があるでしょう。面と向かってこの件について尋ねるにははばかられるため、持ち帰り可能な職場であるかどうか、各種情報を総合的に判断して決めることが手掛かりです。あくまで売れ残った品の持ち帰りが可能であるかどうかは主体ではなく、働き甲斐あるアルバイトの職場であるかという点について、優先的に考える必要があるでしょう。

Tags: ,

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です